中絶手術をするか悩みましたが結局は産むことにしました

どうしても産みたい、家族がサポートしてくれた

当然のことですが、体調の悪さから自分のことしか考えられない状態だったことに気付かされたので、それからは不安よりも産みたいという気持ちのほうが大きくなりました。
そこで夫と医師に相談して、中絶手術をするのではなく産むことに決めました。
もちろん体調は良くないままなので、今まで自分でやっていた家事のほとんどは夫にしてもらいましたし、子供にも手伝ってもらいました。
医師からは子供を出産するときに帝王切開にして、子宮筋腫もとることにしましょうと言われたので、そうすることにしました。
今までは自然分娩しかしたことがありませんでしたが、帝王切開で出産することにして、出産予定日の2か月前から入院することにしました。
家に母親という存在がいなくなることで家族に迷惑をかけたり寂しい気持ちになるのではないかと心配でしたが、協力してサポートをしてくれたので助かりました。

40歳を過ぎてから自然妊娠体力的と子宮筋腫により中絶も検討どうしても産みたい、家族がサポートしてくれた中絶危機を乗り越えて予定日より早いけど無事出産